Pocket

高校1年生 男子 野球選手

右足、有痛性外脛骨・内くるぶし下の痛み

短期間で改善した好例です。

小さいころから野球をやっていて小学校5年生の頃からたびたび内くるぶし下の痛みがでるようになる。

1度痛みがでるとかなり痛む。

高校は野球の強豪校に進学し、寮生活。この冬の走り込みでまた痛みが出てきてしまい、歩行でも痛みが出る状態に。

整形外科では有痛性外脛骨と診断される。とはいえ痛みは変わらない。

これからも野球をつづけるなら手術も視野に入れていた。

しかし手術をしなくても改善実績の多い自然形体療法を見つけ、一番近い当院に相談をいただいた。

寮から出れるタイミングで一度施術を受けてもらうことになる。

今は別メニューの練習(上半身の筋トレなど)をしていて、足の負担を減らしているので歩行での痛みはない。
押しての痛みはある。

走ったりすると、痛みが出るし、終わった後は何もしてなくてもジンジンと痛いこともある。

早速施術。

下半身はパンパンで、疲労がかなり蓄積されている状態。
骨盤歪みも大きい。
ふくらはぎをメインに全身の疲労をとる。

なかなかすっきりとはいかなかったが、今は痛みがないので、明日練習でジョグくらいからやって試してもらうようお話し終了。

1週間後2回目の施術

ジョグ中は大丈夫だったが、終えた後はまだジンジンと痛む。少し休むと痛みは出ない。

変化を感じるほど改善していない。

前回できなかった部分なども緊張をとり、サラシで関節の緩みホローした。その場で少しジョグをしてみると負担が少なく感じたようだ。
前回よりは反応が良くだいぶ疲労がとれてきた。

1週間後3回目の施術

前回の施術後から毎日走っているが、全く痛みがでなくなった。さらしをしなくても大丈夫だという。
しかもグラウンドが先日の雪のせいで凍っているところもあり、ひどいコンディションの中走った。

動けるようになり、少しハードにやってしまったので全身が疲れているという。

いままでおもいきり動けてなかったので筋肉痛は結構でてしまう。

右足をメインに全身を施術した。

これだけ動いて痛みが出ていないし体の状態も良いので一旦終了。

ホントに手術をしなくてよかったね~、喜んで話しました。

これからメインの2年生なのでおもいきり野球をがんばってほしいです。

※症例日記は個人の施術ケースであり、得られる結果には個人差があります。