シンスプリントの痛みでお困りなら【足の痛み専門】整体ルームいしかわ(相模原市)

執筆者:整体師 石川顕太郎

シンスプリントの症状

スポーツをがんばる10代に多い脛(すね)の内側が痛む症状です。

外側が痛む場合もあります。

主に陸上、サッカー、バスケの選手のオーバーユーズ時に多く見られ、別名、脛骨過労性骨膜炎とも言われます。

はじめは練習後や、強く地面を踏みつけるような動作で痛い、走ると痛い、押すと痛いというくらいですが、
悪化してくると、足を着くたびにズキッ痛い、歩くのも痛い、
足首を曲げただけで響いて痛いとなり、
さらに悪化すると、何もしないでも熱を持ったように痛い、ヒリヒリと皮膚まで痛い、服がすれても痛いといった症状になります。

なかなか治らないすねの痛みから、整形外科で検査をしてもらうとシンスプリントと診断される方が多くいらっしゃいます。

マッサージをしたりテーピングをしたり、アイシングをしたり、リハビリを受けたり、色々な治療を受けてもなかなか改善に至らない。

中には疲労骨折している場合もあります。

治療を受け、長期間休んでも、競技をすると痛みは変わらず、競技をあきらめてしまう選手もいます。

 

シンスプリントの本当の原因は何か

どんなにハードな練習をしても、全くスネを痛めない方もいれば、ひどく痛めてしまう方もいます。
この違いは何なのでしょうか。

原因①スポーツのオーバーユーズ

足の使いすぎによる疲労が一番の原因ですが、個人の体の使い方の特性や体力も関係があります。

先ず、過度の疲労を繰り返していることと、日々適切なケアができていないことで筋力バランスは大きく崩れます。

こまま使い続けていると、がんばり過ぎて過緊張になってしまう筋肉とサボって弱ってしまう筋肉の差が顕著になり、関節は正常に動けなくなります。

主に足首や膝関節は正常な動きができず、どこかが代償を負うことになり、やがて痛んでしまいます。
シンスプリントの場合はそれがスネになります。

状態としては、スネに付随する筋肉や腱、靭帯、骨膜などの組織に負担がかかり続け、患部組織は潰れた様な状態になり痛みが出てしまいます。

疲労骨折まで進行しているものもありますが、
骨が治っても痛いことが多々あります。
痛いのは関節の異常動作によって、筋肉や靭帯・軟部組織が痛んでいるからです。

ですから、足全体に関わる筋力バランスが良くならなければ根本的には解決しないのです。

なので、マッサージや簡単なリハビリでは、あまり良くならないのです。

原因②履物の影響

意外と見落とされがちなのが、履物の影響です。

一般的には足への衝撃を少なくしようと、足底にしっかりフィットするようなインソールやシューズがよいと言われています。

整形やインソール専門のお店でそのようなインソールを薦められ、オーダーメイドされて使っている方も少なくないようです。

しかし、実際は全く逆の理論で作られたインソールやシューズを使用することで症状が改善されるケースが多々あります。

エビデンスもあります。

履物が悪いということは、立っているだけで足はしっかり使えず、ずーっと悪影響を受けることを意味します。

しかもその影響は体中にも及びます。

これで運動をするのはたいへん危険なことです。

一度、今使っているトレシューやスパイクの構造や、履き方を見直してみることをお勧めします。

 

シンスプリント・対処の仕方

一般的には、湿布をしてサポーターをしてなるべく安静にして様子をみるか、 マッサージ、運動療法、足底板、鍼灸、薬物療法などを行います。

痛みが引かなければ、競技を辞めるかたもいます。

競技を辞めて何年か経ち、激しい運動はさけているのに、いまだに痛いと言う方もいます。

しかし、あきらめてはいけません。
当施術所では器具も薬も一切使わず、手だけの施術とトレーニングで改善へ導きます。

 

シンスプリント完治するのか・安静は必要か

もちろん、上記のような改善策も効果があると思います。

しかし、どんなに治療を受けてもあまり改善していない例が多いのが事実です。
特に湿布とマッサージ、リハビリを受けている方がたくさんいらっしゃいますが、

結局良くなっていない。

どんなことを指導されていましたかと伺うと、
リハビリで足首の単純な筋トレを行わされているとか、痛い所をグリグリ揉まれているとか、
本当に浅はかな内容の治療を受けているケースがが多いのは残念です。

ただの筋力トレーニングでは良くなるどころか悪化することもありますので、2,3週間受けて全く改善しなければやめた方が良いです。

また、長期間安静にしていれば、良くなることもありますが、身体能力や体力は大きく落ちてしまいます。
リカバリーするには多くの時間を要します。

しかし、当施術所では施術だけでなくトレーニングも並行して行っていきます。
安静は極力最小限にして、動ける範囲でどんどん動いてもらう。

体力を落とすどころか、体を強くしながら早期改善と復帰が可能です。

 

当施術所での見解・施術

スネを痛めている方は、必ず筋力バランスが偏り、関節に異常な負荷がかかっています。

これは物理的なものなので、物理的に改善するほかありません。

最終的には筋出力のバランスを整え、動きを変えることを施術&トレーニングで行っていきます。

シンスプリントといっても、患者さん一人ひとり痛む場所や痛むタイミングが違います。

毎回、どんな時にどのように痛いのか、動きやお話から細かく分析していきます。

施術を進めながら、歪みや疲労を解消し、ピンポイントでの施術でどこの筋弱いのか原因なのかを特定していきます。

ほぼ痛みの伴わない施術と特殊トレーニングで足首や膝だけでなく、体全体のバランスを調整していきます。

少し力を入れてもらういあ頑張ってもらうことはありますが、あとは寝ていてもらっても大丈夫なくらい安全安心な施術とトレーニングです。

場合によってはテーピングや晒などで軽度の固定を行います。

1回か2回の施術で原因が特定でき筋力バランスが整ってくれば、その後数回の施術は受けていただきますが、1カ月から2カ月でかなりの改善が期待できます。

同時に日々のケアのやり方や自己療法もお伝えしますので、しっかりやっていただければ、さらなる早期改善につながります。

また、インソールや履物の正しい知識を提供し販売・指導も行っていますので、積極的に使っていただくと、さらなる早期改善につながります。

お気軽にご相談ください。

【施術のご案内】
来院整体 出張整体 オンライン整体

 

電話ボタン2

メールボタン1

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで