有痛性外脛骨の痛みでお困りなら【足の痛み専門】整体ルームいしかわ(相模原市)

執筆者:整体師 石川顕太郎

    有痛性外脛骨とはどんな症状なのか、
    ただの成長痛や偏平足だと思っていたらなかなか改善できません。
    その原因から当施術所の改善策や改善期間を、実際の例やお客様の声も紹介しつつ書いています。

有痛性外脛骨の症状

まず読み方は ゆうつうせいがいけいこつ と読みます。

思春期のスポーツ選手に多い、内くるぶし下周辺から土踏まずの痛みのことです。

一般には、内くるぶし下にある舟状骨に過剰な骨(外脛骨)がある人に起きやすいとされていますが、

整形外科や整骨院などでもその周辺の痛みは有痛性外脛骨とか外脛骨障害とまとめて言われていることが多いようです。

骨が出っ張り、押すと痛い。

スポーツ中や、スポーツの後に痛い。内くるぶし下周辺が腫れている。

ひどいと歩行もできないほどの激痛になってしまうこともあります。

また、特にスポーツもしていない大人の方にもみられる症状です。

 

有痛性外脛骨の本当の原因は何か

一般には、外脛骨があることで症状が出ているとか、偏平足だからと言われることが多いようです。

実際にはどのようなことから、この痛みが出るようになってしまうのでしょうか。

当施術所の臨床から、良くなったものが何故良くなったかを検証し、いくつか書いてみました。

 

原因①捻挫

捻挫をしてからこの症状が出るケースがかなり多いです。

アクシデントで捻挫をすることもありますが、ちょっとしたことで捻挫をしたり、繰り返してしまうこと自体、足首にかかわる筋肉の筋力バランスが崩れています。

場合によってはズレが生じていたり、靭帯が緩んでいることもあります。

その状態で使っていると、この場合は内くるぶし下周辺に過度の負担がかかり痛みが生じるようになります。

 

原因②疲労による関節の異常運動から

上記とほぼ同じですが、スポーツなどで主にふくらはぎや下腿の筋肉が疲労して筋出力のバランスが崩れると関節は正常に働けなくなります。

ケアが不足したりこの状態が積み重なれば、しっかりと足を着けない状態にになります。

特に、痛みの出る舟状骨には足首の運動や安定の主軸になっている後脛骨筋の腱が付着しています。

過度な負担がかかりやすい部位になります。

 

原因③履物の影響

意外と見落とされがちなのが、履物の影響です。

一般的には、偏平足をカバーしよとアーチに強くフィットするようなインソールやシューズがよいと言われています。

整形やスポーツショップなどでそのようなインソールを薦められ、オーダーメイドをされて使っている方も少なくないようです。

しかし実際は、全く逆ともいえる理論で作られたインソールやシューズを使用することで症状が改善されるケースが多々あります。

この理論にはしっかりとしたエビデンスもあります。

履物が悪いということは、立っているだけで足はしっかり使えず、ずーっと悪影響を受けることを意味します。

しかもその影響は体中にも及びます。

これでスポーツをするのはたいへん危険なことです。

 

原因④先天的に骨がでっぱっているから

先天的に外脛骨があり内くるぶし下が出っ張ってしまっている人は、その分シューズやボールを蹴るなど外部からの接触を強く受けやすいので、患部の組織が打撲のように痛んでいることもあります。

しかし、そもそも出っ張ってしまうのは先天的に外脛骨があるからなのか、少し疑問です。

それもあるかとは思いますが…

上記のような足関節のアライメント異常により、患部には大きなストレスがかかり、そこを保護しようと骨を形成して頑丈にしている、体の防御反応ではないかと考えています。

また遺伝とも言われる場合もあるようですが、遺伝ではなく、親の体の使い方を子供が真似ていたり、同じ環境にいることが大きく影響していると思われます。

 

有痛性外脛骨の治療方法・手術は必要か

一般的な治療法としては、運動を控えアイシングや内服薬での痛みの軽減。

痛みをともなうようなマッサージやリハビリ。ストレッチやタオルギャザー。

足底版、インソールをつかったアーチ機能の改善。

なかなか改善せず重度化してしまうと、外科手術を薦められることも多く、実際に外脛骨と舟状骨の骨癒合手術、
外脛骨摘と後脛骨筋腱移行術を受けられる方もいるそうです。

 
しかし、当施術所ではもちろん薬や湿布は使いませんし、痛みをともなうようなことはしません。

機械や器具も使わず手のみで検査・施術をしていきます。

ご本人の動きや症状から原因を推測し施術の中で決定していきます。

ほぼ痛みの伴わない施術とトレーニングで足関節だけでなく、体全体のバランスを調整していきます。

例えば腰痛、膝痛の併発、偏平足や外反母趾もこの筋力バランスの1つの特徴なので、どのような筋力バランスで使っているかが分かります。

痛んでいる患部の修正をし、筋力バランスが整えば数回の施術で改善されることがほとんどです。

場合によってはテーピングや晒などで軽度の固定を行います。

また、インソールや履物の正しい知識を提供し販売・指導も行っていますので、積極的に使っていただくとさらなる早期改善につながります。

手術が必要な場合もあると思いますが、余程の重症でないかぎりは必要でないばかりか、しても良くならないケースもあります。

根本の原因を突き止め、施術と日常でのケアをしていただければ短期間で改善するものがほとんどです。

 

当施術所での改善期間

前出していますが、当院では施術で痛みを解消するのと同時に、自己療法や日常でのケアの仕方などもお伝えしています。

施術を受けた後、しっかり実行していただければ短期間での改善が期待できます。

もちろん競技や運動は休むか、かなり量を減らした方が回復は早いです。

どうしても競技を休めない場合は、回復までに時間や回数がかかってしまいますのでご理解ください。

回数と期間の兼ね合いによりますが、平均的には1カ月間に4回から6回の施術で復帰できることが多いです。
痛みが減り、バランスが良くなってくれば、やれる範囲でどんどん動いてもらいます。

症状が軽い1割から2割は、1回か2回の施術で全く痛みが出なくなる場合もあります。

酷い場合には、さらに期間や回数がかかる場合もあります。

当院ではなるべく短期間での改善を目指しています。

期間や回数はあくまでご提案です。無理に通っていただくことはしません。

ぜひこの機会に、本当の健康体を取り戻し正しい知識を得てほしいと思っています。

当施術所での改善例

両足有痛性外脛骨の痛み
 小学6年生 男子 サッカー

 

サッカーを週4~5日がんばっている小学6年生。

2週間ほど前、サッカーの試合中に両足の内くるぶし下あたりが痛み出す。

そこから痛みが強くなり、歩行でも痛い。押すと痛い。

整形外科では有痛性外脛骨と言われ、毎日電気治療に通っている。

しかし、一向に良くならず、ネットで当施術所を見つけられ来所される。

 

●初回

立っていても痛い。押しても痛い。今は右足の痛みの方が強い。

足首を少し動かしても痛がる。

施術的にもやれることが限られる。

まず体幹を整え、脚のはりを取っていくが、何をしても患部に響いて痛い。

なるべく痛みの少ないアプローチで原因を探る。

いくつか足首のズレを発見。

手で補正するが、痛みが少なく動けるのはその時だけ、手を離すと痛い。

ズレを抑えるため、一定の位置をさらしで固定し、歩行の仕方を変えると少し楽に歩けるようになる。

それ以外は変化がなく、痛みも強いのでケアの仕方をお伝えし終了。

 

●4日後 2回目

この4日で少し良くなり、今朝起きたらかなり痛みが引いていたらしい。

今は右足は歩きや動作では痛くなく、押しての痛みのみ。

左足の方が歩行で少し痛むのと、足首を外に返すのが痛い。
押しての痛みもある。

この選手のお母様は『この4日で嘘みたいに痛みがひいて、ほんとによかったです。』とお話いていただき、少し安心。

施術後、左足首の動作での痛み、歩行痛はとれた。

押しての痛みは多少弱まるくらいで、なかなかスッキリとれず。

 

●5日後 3回目

前回後から徐々に良くなり、ひとりでトレーニングし始めている。

ダッシュもしてみた。

昨日は動いた後に左足のみ少し痛みが出たが、今日はダッシュしたけど痛みはでなかった。

右足は押しての痛みもなく、痛みは気にならなくなった。

左足も今は動作での痛みはなく、押すと少し痛むのみ。

だいぶ安定してきた。

 

施術では、筋肉をしっかり使うトレーニングもしてみるが痛みもなく、動きも良くなっている。

押しての痛みが若干残るものの、この回復力なら少しづつ練習復帰も大丈夫と判断。

 

●10日後 4回目

ロングシュートやパス練習をやってダッシュをしていたら、右膝裏に少し痛みが出た。

有痛性外脛骨の痛みは、足首を外にねじって着くと痛い。

ボールをインサイドで強めに蹴っていると患部に当って少し痛みが出てくる程度。

施術では、右膝裏のハリを解消。

足首をねじっての痛みはとれた。あえてこの動きはしないようにお話しする。

ボールをインサイドで蹴っても痛まないようにスパイクに少し○○することで衝撃を少なくしてもらうことに。

 

●2週間後 5回目

完全復帰で、左足の外くるぶしのあたりに少し痛みが出たことがあったが、今ではそれも無くなった。

動き始めの筋肉痛のようなものだったのだろう。

全身を整え、足関節を再度調整し、ひとまず終了した。

 

1カ月後、メンテナンスと別部位の調整で来所されたが、外脛骨の痛みは再発していないとのこと。

 

有痛性外脛骨または外脛骨障害の一般的な見解は、

成長痛とか、舟状骨の分離や隆起が原因と言われますが、それが原因で痛みが出ているわけではありません。

疲労を解消し、筋力のアンバランスが解消されればしっかりと足を着けるようになり、傷んだ部分も改善します。

 
※症例は個人の施術ケースであり、得られる結果には個人差があります。
 

有痛性外脛骨の改善例をもっと読む

 

有痛性外脛骨が改善されたお客様の声

小学5年男子サッカー選手の手術を勧められた有痛性外脛骨の改善

サッカーをがんばる小学5年生男子

両足の内くるぶしの痛み(有痛性外脛骨)で、サッカーも体育もできないどころか階段の上り下りでもつらかった。

整形外科ではこのままだと手術と言われていたそうです。

正直、苦戦しましたが週に1度の施術でサッカーに復帰できるのに約1月かかりました。
復帰後、得点を決めチームを優勝に導いたそうです。

あきらめてしまう方もいますが、しっかりと通っていただき、お伝えするケアを実行してくれれば必ず良くなる症状です。

お母様から、当院の施術のアンケートをいただきました。


Q.来院前はどのような症状でお困りでしたか?経緯や辛さのエピソードなどを書いてください。

サッカーをしている11才の息子が、両足のくるぶし下にくるぶしと同じくらいのふくらみがあり、ボールが当たると激痛がありました。
整形外科を受診したところ、有痛性外脛骨と診断され、テーピング、赤外線治療、インソール等で対応していましたがほとんど改善されず あと数カ月しても改善しなければ手術と言われていました。
運動が大好きな子なのに、サッカーも体育もできず家でゲームやマンガを読んでばかりになり、早く運動ができる足になりたいと本人も辛そうでした。

Q.この施術法の良さはどんなところですか?(技術的や雰囲気などなんでもOK)

息子が言うには、『痛くなく気持ちがいい。行くごとに足の痛みがなくなっていく』

雰囲気も清潔で、落ち着いていてリラックスできる感じでよいと思います。

Q.こちらで施術を受けて、どのような変化がありましたか?

こちらに通う数日前までは痛み止めを服用したり、日常生活においても階段の昇り降りすら痛みがでて辛くなっていたのが 1回目の施術後から痛み止めも必要なくなり日常生活では問題なく動けるようになりました。
4回目の施術後からはサッカーもできるようになり、5回目の施術後からは試合にも出れるようになりました。
10月15日に初めての施術を受け、本日11月21日6回目の施術、こんなに早くサッカーに復帰できるようになって本当によかったです。

Q.同じ症状でお困りの方へ励ましの言葉をお願いします。

整形外科、接骨院、整骨院でもよくならず手術を考えている方、その前に是非こちらで1度施術を受けてみてください。
変化があるはずです。

 

アンケートにご協力いただきありがとうございました。
 

※ご利用者様の声は個人の体験であり、得られる結果には個人差があります。

 

小学5年生女子ミニバスケ選手 有痛性外脛骨、かかとの痛み、足首捻挫の改善

ミニバスケをがんばる小学5年生女子。

痛みを我慢して練習に打ち込んでいる。治したいが練習を休みたくないということで来所。

両かかとの痛み、右足の内くるぶし下の痛み(有痛性外脛骨)、右足首の捻挫の痛みが当施術所の施術でかなり改善されました。

小柄ながらパフォーマンスも上がりレギュラーに選ばれ頑張っています。

保護者の方からアンケートをいただきました。


Q.来院前はどのような症状でお困りでしたか?経緯や辛さのエピソードなどを書いてください。

バスケットボールの練習を毎日通っていましたが、両かかとが痛みだし、その後、

有痛性外脛骨も発症。その後通院しながら足首捻挫。

Q.この施術法の良さはどんなところですか?(技術的や雰囲気などなんでもOK)

・痛がみなく、本人もリラックスして受けれる所。

・中敷きを使わないところ。

・家庭でできるケアを教えてもらえる所。

Q.こちらで施術を受けて、どのような変化がありましたか?

整形外科や整骨院など通院してとれなかった痛みがとれた。

 

※ご利用様の声は個人の体験であり、得られる結果には個人差があります。
 
有痛性外脛骨が改善されたお客様の声をもっと読む

 

まとめ

有痛性外脛骨はなかなか改善しずらい症状のようです。

年々この症状で当施術所に来られる方が増えているきがします。

原因がわかれば、あっけなく痛みが改善に向かうこともよくあります。

痛いのに運動を続けていたら症状は悪化する一方です。

重症化しないうちに是非一度ご相談ください。

手術を迷っている方、痛みの軽減のためにいろいろな対処法を試したがなかなか変化のない方に、少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

お申し込み・ご相談はこちら

【施術のご案内】
来院整体 出張整体 オンライン整体

 

電話ボタン2

メールボタン1

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで