膝の痛みでお困りなら【膝痛専門】整体ルームいしかわ(相模原市)

執筆者:整体師 石川顕太郎
 

こんな膝の痛みにお困りではありませんか?

膝の下の痛み

成長期で、特にスポーツをしているお子さんに多い痛みです。

膝の下の骨が出っ張ってきた、
膝の下の骨を押すと痛い、
膝のすぐ下が痛い
運動をすると痛い、
ジャンプをすると痛い、
練習後は特に痛む、
深く曲げれない、

などと訴えられると思います。

成長痛だろうとかたずけてしまい、アイシングやストレッチ、マッサージなどでなんとなくしのぎ、
痛みを我慢して競技を頑張るお子さんも多いと思います。

中には年とともに徐々に痛みがなくなるケースもありますが、
ずーっと痛みが引かずそれでも我慢して競技を続けていると、
歩いても痛い、少しも曲げれないほど痛いという程に悪化してしまう事もあります。

ここまで悪化すると、休んでもまた運動をすると痛いの繰り返しで、なかなか回復できず、
競技を長期休まなければならなかったり、あきらめないといけない場合もあります。

医療機関ではオスグッドとかオスグッドシュラッター病と診断されることが多いです。
また、膝のすぐ下の痛みだと膝蓋腱炎(ジャンパーズ・ニー)と診断されるようです。

なになに病とか炎症などと言われると怖い感じがしますが、恐れることはありません。

まだ成長しきっていない軟組織や骨にかなりの負担をかけていますし、疲労を回復する力も半人前ですので、
成長痛と言いうのも関係はしていますが、運動量は変わらないのに全く痛くない子もいますし、
逆に大人でも未だに痛いという方もいます。

真の原因は主に過度の疲労(使いすぎ)とケア不足による筋力バランスの崩れです。
正常な筋力バランスになれば痛みはでません。

なので、休んでも良くならないことが多いのです。

膝の内側の痛み

主に中高年の方や、スポーツをする方に多い症状です。

立ち上がるとき膝の内側が痛い
膝の内側が痛くてしゃがめない
方向転換で少し捻じれるだけで膝の内側が痛い
あぐらをかくと膝の内側が痛い
運動後は膝の内側が痛い
階段の昇り降りで膝の内側が痛い
歩いていても膝内側が痛い
座っていても膝の内側が痛い
膝の内側を押すと痛い
膝の内側が痛く腫れている、むくんでいる

などと訴えられると思います。

大したことないだろうと、痛みを我慢してアイシングやストレッチ、マッサージなどでなんとなくしのでうるが、
あまり改善しない方が多いようです。

筋肉が弱っているからだと、
ジョギングやウォーキングをしたり、スクワットをしたり、

柔軟性がないからとと、
ヨガやストレッチを始めたりして、余計に痛くなってしまう方が後を絶ちません。

ずーっと痛みが引かずそれでも我慢していると、
いよいよ痛みが強くなり、
少し動かしても痛い、
少しも曲げれないほど痛い、
という程に悪化してしまう事もあります。

ここまで悪化すると、休んでもまた動きだすと痛いの繰り返しで、なかなか回復できず、
サポーターをしてり、ヒアルロン酸を入れたり、水を抜いたり、杖を着くようになったり…

結果、その場は良いけどすぐに戻り、永遠に痛いという状態になってしまう事が多いようです。

医療機関では変形性膝関節症半月板損傷、スポーツ選手などは鵞足炎と診断されます。
そして、色々な対処やリハビリをしてもらうも、早期に良くなることは少ないようです。
良くならなければ手術をすすめられることも多々あります。

しかし恐れることはありません。

歳をとったから痛いのは仕方ない、ということはありません。
現に膝の全く痛くない80代、90代のお年寄りもいらっしゃいますし、
一度変形性膝関節症、半月板損傷と診断されても、今では全く痛くないという方もいます。

真の原因は主に過度の疲労(使いすぎ)とケア不足による筋力バランスの崩れです。

膝の内側の痛みの場合、
内側の筋肉(内転筋群や内側ハムストリングス)が弱って正常な関節運動ができなくなっています。
問題の筋肉の緊張をとって、弱っている筋肉を単独でトレーニングをしていくと正常な筋力バランスを取り戻せます。
そして、痛みから解放されるのです。

なので、筋力バランスが崩れた状態でいくら運動をしても、ストレッチをしても良くなりません。
また、ヒアルロン酸を打っても、水を抜ても、ストレッチをしても良くならないことが多いのです。

整体ルームいしかわでの施術・アドバイス

原因がわかり、正しいケアや適切な施術を受けて体が整えれば、運動を控える期間もほんの少しか、競技を完全に休まずに回復できることがほとんどです。

たくさんの治療やリハビリを受けたが、なかなか良くならずお困りのかたが多くいると思います。

もうだまされるのは勘弁だと思っていることでしょう。
でも、そのままほっておいても早期回復は難しいです。

当施術所では、
なぜそのような痛みが出ているか、
どのようなケアが必要か、
またなぜ施術と適切なトレーニングで痛みがどんどん減っていくのか、

実況中継しながら施術を進めていきます。

セルフケアも細かく丁寧に何度でもお伝えしていますので、
日常やっていただければ、さらに早期の改善にもつながり再発も防げます。

まとめ~改善期間~

振り返れば、以上のような心当たりが少なからずあると思います。

やはり正しい方向へ変えていかなけば、このまま同じ道を辿るだけです。

前出していますが、当院では施術で痛みを解消するのと同時に、自己療法や日常でのケアの仕方などもお伝えしています。

施術を受けた後、しっかり実行していただければ短期間での改善が期待できます。

もちろん競技や運動は休むか、かなり量を減らした方が回復は早いです。

どうしても競技を休めない場合は、回復までに時間や回数がかかってしまいますのでご理解ください。

回数と期間の兼ね合いによりますが、平均的には1カ月間に5回から6回の施術で復帰できることが多いです。

症状が軽い1割から2割は、1回か2回の施術で全く痛みが出なくなる場合もあります。

酷い場合には、さらに期間や回数がかかる場合もあります。

当院ではなるべく短期間での改善を目指しています。

本気で早く改善したい方はぜひご相談ください。

 

【施術のご案内】
来院整体 出張整体 オンライン整体

 

電話ボタン2

メールボタン1

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで