オスグッドは適切な施術・ケアで早期に改善できます

“オスグッドに特化した施術と専門的なケアで

つらい痛みを解消します”

オスグッドの施術

オスグッドでこんなお悩みはありませんか?

  • 両膝がずっと痛くて、練習や試合でのプレーが辛い。
  • 膝の前部に腫れがあって、腫れた箇所が痛む。
  • スポーツが大好きだけど、痛みのせいで思うようにプレーできない
  • 仲間と一緒に試合に出られないと、チームに貢献できていないと感じる。
  • 練習や試合後、夜になると膝の痛みが増してつらい。
  • 痛みのために友達と遊ぶことも減り、孤独を感じることがある。
  • 医師からは休むことが必要と言われているけど、スポーツが好きで休むのがつらい。
  • チームメイトは成長しているのに、自分だけが痛みに悩まされている感じがする。
  • これからのスポーツのキャリアが不安で、将来の夢に影響を与えるのではないかと不安に思う。
  • 治療やリハビリが長引いている感じで、早く元気に戻りたいと願っている。
  • お金がかかる医療費や療養費が家計に負担をかけていることが心配。
  • チームのコーチや仲間に迷惑をかけているのではないかという罪悪感がある。
  • オスグッド病のために逃したチャンスや大会が心残りで、後悔がある。
  • 家族や友達からのサポートはありがたいけど、病気のことを気にかけるのが嫌だと感じることがある。
  • オスグッド病がいつまで続くのか不安で、回復の見通しが立たないことが不安材料となっている。

整体院で施術を受けるとオスグッドが良くなる理由を3つ

  1. 当整体院では、オスグッド病に対する包括的なアプローチを提供しています。
  2. まず、丁寧な問診と症状の詳細な確認を行い、患者さんの痛みの原因や症状の進行段階を理解します。これにより、個別に合わせた施術プランを策定し、根本的な原因にアプローチします。
  3. 当院の自然形体療法に基づいた施術は、痛みを緩和するだけでなく、身体のバランスを取り戻し、正常な状態に導くのに効果的です。オスグッド病は成長期に発症しやすい症状であり、骨や筋肉の発育にも関連しています。ソフトで優しい施術を通じて、無理なく症状を改善し、成長期の患者さんに特に適しています。
  4. トレーニングの導入も重要な要素です。オスグッド病の場合、筋肉の不均衡や過剰なストレスが症状を悪化させることがあります。当院では関節トレーニングを通じて、筋肉のバランスを調整し、痛みを軽減し再発を予防します。継続的なケアとトレーニングを通じて、患者さんのオスグッド病の症状が改善し、日常生活やスポーツ活動に戻るお手伝いをしています。

当院の施術の特徴

  • “痛みと不快感から解放され、オスグッド病のつらさから解放します。”
  • “患者さん一人ひとりに合わせた施術プランを丁寧にご提供します。”
  • “痛くないやさしい自然形体療法で、痛みを和らげ、早期に回復へ導きます”
  • “関節トレーニングを通じて、体の安定性とパフォーマンスを向上させます”
  • “症状の再発を防ぐために、長期的な健康維持に焦点を当てます。”
  • “長期離脱や手術後の筋力低下に対して、速やかな回復をサポートします。”
  • “多くのスポーツ選手の早期復帰とパフォーマンス向上を実現してきた実績があります。”
  • “土日も診療し、お子様連れの患者さんも歓迎します。”
  • “出張施術・出張トレーニングで、患者さんの利便性を最優先に考えます。”

お客様の声

お客様の声

オスグッド病とは

オスグッド病(Osgood-Schlatter disease)は、主に成長期の子供や思春期の青少年に見られる、膝の前面に発生する痛みや腫れを伴う疾患です。この病気は膝の軟骨の成長領域に起因し、主にスポーツや活発な身体活動をする子供や若者に影響を及ぼします。

具体的には、オスグッド病では以下のような症状が見られることがあります:

  1. 膝の痛み: 膝の前面、特に膝蓋骨(膝キャップ)の下に痛みが生じます。
  2. 腫れ: 痛んでいる膝の周りに腫れが現れることがあります。
  3. 運動時の痛み: 特にジャンプや走るなどの活動時に痛みが増すことがよくあります。
  4. 触れると痛い: 膝の前面を触ると痛みを感じることがあります。

この症状は、成長期に骨や筋肉が発達する過程で、膝蓋腱(膝の前部を膝蓋骨につなげる靭帯)が強度に引っ張られ、膝の前部に炎症や腫れが生じることによって発生します。オスグッド病は通常、成長が終わると症状が改善し、治癒しますが、治療や症状の管理が必要な場合もあります。整体療法や適切な運動療法などが、痛みの軽減や回復を支援するのに役立つことがあります。ただし、適切な医療プロフェッショナルと相談し、診断と治療プランを確立することが重要です。

病院や医師のもと、治療してきたが一向に良くならない方は、ぜひ一度ご相談ください。


電話ボタン2
メールボタン1
PAGE TOP