Pocket

サッカー選手 小学6年生男子(現在中学1年生)

約2年前くらいから右足内くるぶし下の痛みを訴える。
その後もたまに痛いときがあった。

6年生の12月になりその痛みが頻繁になり、痛みの度合いも酷くなる。

近くの接骨院などに通い、少し緩和することもあったが、痛みは強くなりついにプレーができないほどになってしまった。

1月に入り、ネットで当施術所を見つけ来所される。

お父様に連れられ、少し不安そう。

歩行では痛みは出ないが、押しての痛みはある。足首を回すのも痛い、その場で軽くジャンプも痛い。

体幹部のゆがみが大きい。
腰にも押しての痛みがある。

まず体幹の歪み緊張をとり、足全体の疲労をとり動きを調整。
痛みのある部分を痛みの出ないように修復していく。

足首の緩みもあったが、その場でのジャンプや足首を回しても痛みはない。
押しても痛くない。

初回は時間もかなり経ったため、ここで終了。

次の日、軽く動いてみて痛みは出なかったが、その次の日は少し痛みが出て、そこからは休んでいる。

1週間後に2回目の施術。
内くるぶし下の押しての痛み、腰部の押しての痛みは再び出ていたが、前回よりはるかに早く取れる。
歩行時のバランスなどもみる。

1週間後、3回目の施術。
前回是術後は練習中にたまにズキッとくるくらいで、それ以外は痛みは出ていない。

今は足首を動かしての痛みや着地での痛みはなく、押すと少し痛いくらい。
再び痛みを取り、体幹部の調整をメインに施術を進める。

状態は良いので、これでもまだ痛みが出るようであれば、こちらに来てもらうことにして終了。

 

 

後に、こちらの選手のお父様に連絡をとらせていただきましたが、施術後は痛みは完全に消失し、1年経った今でも再発はせずサッカーに打ち込めているようです。

お父様よりアンケートをいただきました⇒コチラ

 

 

 

※ご利用者様の声は個人の体験であり、得られる結果には個人差があります。