Pocket

11歳 男子 サッカー選手

3カ月前に左のかかとが痛み出す。そこが治ると2カ月前には右のかかとが痛み出した。

右かかとは一向に良くならず、2カ月が過ぎる。

整形外科では、踵骨骨端症と診断され、時間が経たないと治らないと言われた。

整骨院では、マッサージをしてもらうと翌日は良くなるが、すぐに戻り、何回も受けていると次第に効かなくなり痛みはひどくなっていた。

歩くのにも痛みが出てしまうようになり、サッカーの練習に参加できないときもある。

当院のホームページを探し当て、来院された。

現在の痛みは、右かかとの少し内側の痛み。今は無理はしていないので、歩いての痛みはない。

押すと痛い。
軽くジャンプも着地時に痛い。走ると痛い。疲労時にはとても痛くなる。

実は明日は練習試合があるので、痛みがなくなれば参加したいとのこと。

早速施術を開始する。

骨盤の歪み胸部が捻じれている。はじめの全身の調整で半分くらいは解消された。

脚は両方ともカチカチになっている。右だけでなく左もかなりの疲労が蓄積されている。

右足の疲労をとり、やわらかい状態になってきたところで痛みのある右かかと内側の修復をした。

確認で本人に押してもらう。

本人:「痛くない~」

私:「そうしたら起きて軽くジャンプをしてみて」

  「軽くは大丈夫な感じかな、もう少し高くジャンプしてみよう。」

本人:「少し痛い。はじめほどじゃないけど…」

再び寝てもらい、動作時の異常修正、起きてもらい加重をかけた状態で患部周辺の緊張をとる。

私:「よし、またジャンプしてみよう」

何度も飛んでもらう。

本人「痛くないです」

少しジョグをしてみても痛みが戻らないのと、反応が良いので、明日は少しやってみて、痛みが出たら無理はしないようお話しした。

かかと痛以外に、アレルギー症状があるのと、念のため翌日にも予約をとられた。

次の日

試合の後、2回目の施術。

痛みが出なかったのでおもいきプレイしたが全く痛みが出なかったそうだ。

全身の調整、足の疲労など取りこぼしのないよう施術をし、自分でのケアの仕方をお伝えし一旦終了した。

お母様からアンケートをいただきました!

※患者さんの声は個人の体験であり、得られる結果には個人差があります。

※患者さんの声は個人の体験であり、得られる結果には個人差があります。

※症例日記は個人の施術ケースであり、得られる結果には個人差があります。