Pocket

小学5年生 男子 サッカー選手

短期間で改善した好例です。

4か月前から両足の内くるぶしやかかとが痛み出す。

整骨院や整形外科にも通ったが、一旦は良くなることがあるものの、すぐに痛みが戻り練習に参加できないことも多い。

整形外科では「剥離骨折」や「ショパール関節障害」や「筋肉が硬い」や「疲労骨折」と言われた。

練習に一応は参加しているがセーブしている。

今は左かかとが一番痛い、次いで右の内くるぶしの下あたりがボールをけると痛い。

4か月間なかなか痛みが改善せず、すっかり元気かがなくなっている。

当院で施術を受けたことのある患者さんからの紹介で来院。

早速施術・検査を開始。

左かかとは少し押しても痛い、走ったり、ジャンプしたり少し強くと痛い。

その場で軽く跳ねてみても、着くときに痛いという。

右内くるぶし下は、今はそれ程ではなく、押すと少し違和感がある程度。

体幹を整え、両足ふくらはぎと大腿の疲労をとる。

足首の動作異常を正常にする。

左かかとは組織のつぶれと剥離がある。そこを重点的に施術。

何度か本人に患部を押して痛みを確認してもらう。徐々に痛みが軽減してゆく。

押しての痛みが無くなったところで、軽く飛んでもらう。

私:「軽く、小さくでいいからジャンプしてみようか」

本人ジャンプ

本人「あ、痛くない!」とニッコリ。

少し高めにジャンプをしてみても大丈夫。

右足の内くるぶしは今は痛くない。

ケアの仕方、ストレッチなどを伝える。

とりあえず、これで終了。週末土曜日曜の練習で何ともなければ良いが、だいぶ疲労していた部分もあるので、痛みが出たら早めに予約を取ってもらうようにお話しした。

練習後に連絡があり、土曜は大丈夫だったが、日曜に左かかとに少し痛みを感じたらしい。

しかし今までのような強い痛みではなかった。
次の日月曜の練習はいけそうだったので行ってみたが、まったく痛みは出なかった。

かなり改善しているようだが、日曜に痛みが出たので、念のため施術の予約を入れてもらう。

この場では痛みはない、強めに押してみても大丈夫。

ふくらはぎや、足首まわり、足底など再度疲労をとりながら、取りこぼしがないか確認。

痛みを確認、飛んでも走っても大丈夫。

全身を整え終了した。

お父さん:「このところ息子の笑顔がなくなっていましたが、だいぶ笑顔が戻ってきて本当によかったです。」

私:「これでだいぶよいと思います。まだ痛みが出てしまうようであれば早めに連絡ください。」

このような痛みを抱えている少年少女がとても多いです。
ひどくなければ短期間で大きく改善し、競技復帰できる可能性があります。

※症例日記は個人の施術ケースであり、得られる結果には個人差があります。